フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアの仕事紹介

まずは、フロントエンドエンジニアが、具体的にどのような仕事をしているかを紹介していきます。

フロントエンドエンジニアとは

はじめに、WebアプリケーションやWebシステムの設計・開発・運用などを行う人のことを「Webエンジニア」と言います。Webエンジニアの中でも、Webアプリケーション等のユーザーが目にする部分を「フロントエンドエンジニア」が設計・作成を担います。

具体的には、HTML・CSS・Javascriptなどのプログラミング言語を使い、SNSアプリやオンラインショピングサイトなどのレイアウトやデザイン部分を構築していきます。プロジェクトの取り纏め役としてWebディレクター、デザイン専門で行うWebデザイナー、記事やコンテンツ作成を行うWebライター等と協力し、業務を進めていくイメージです。

フロントエンドエンジニアの仕事

コーディング

メインの業務となり、Webデザイナーが作成したデザインを基に、プログラミング言語を使いWebアプリケーション等のレイアウトを構築します。 フロントエンジニアにとって最も基礎となるプログラミング言語「HTML」「CSS」を使い、アプリ全体のコンテンツ構造設計・色付け・ボタン設置・見出しや文字の大きさ等に関わる部分をコーディングしていきます。さらに、近年注目を浴びている「Javascript」というプログラミング 言語で、画面上に動きを出す等の操作を加えていきます。身近なもので言うと、ページのスクロールやポップアップの表示などの動きを指します。 また、プログラミング言語を使わずにサイトを構築できる「WordPress」などのCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を活用することもあります。

UI(ユーザーインターフェイス)の設計

コーディングだけでなくユーザーインターフェイスの設計は、フロントエンドエンジニアにとって重要な業務となります。 まず、Webサイトでいうユーザーインターフェイスとは、サイトの見た目や使いやすさのことを指します。レイアウト・文字のフォント・メニューやボタンの操作性などユーザーが目にするもの・操作するものすべてが含まれています。 目にするものが・操作するものに不便を感じると、サイトを訪れたユーザーが操作することを諦めて、他のサイトへ流れてしまうようなことも多々あります。そのようなことを起こさないように、ユーザーに快適に操作してもらえるように設計・デザインする知識やスキルが求められます。

SEO対策

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称で、日本語にすると「検索エンジン最適化」といいます。 作成したアプリやサイトが検索に引っかからず、ユーザーに見つけてもらえないと、伝えたい情報を世の中に発信することが出来ません。そのため、ユーザーに見つけてもらいやすくするために、サイト構成やコンテンツ内容を考慮することをSEO対策と言います。より多くの人にサイトを訪問してもらうにはSEO対策が不可欠です。 そのため、SEOは市場価値の高いスキルであり、フロントエンドエンジニアには欠かす事の出来ない重要な役割と言えるでしょう。


フロントエンドエンジニアのキャリアパス

上記のような業務を行いフロントエンドエンジニアとして経験を積んでいく中で、将来的なキャリアパスとして代表的なものから紹介していきます。3年後や10年後になりたい姿を考えておくことで、自分自身に必要な経験とスキルが明確になるため、キャリアパスの選択肢を知っておくことはとても重要なこととなります。

Webディレクター

Webディレクターとは、Webサイトを制作するにあたり、デザイナー・プログラマー・SEO担当者など複数の関係者と、少人数チームのリーダー的役割を果たしサイトの完成まで担う責任者のことを指します。 制作を進めるにあたり、サイトの内容に合わせてどの種類のクリエイター(デザイナー、コーダー、プログラマー、イラストレーター等)が必要かを選定していきます。

制作に入ると、制作スケジュールの管理・予算管理・チーム全体の進捗管理・サイト自体のクオリティ管理など、制作工程を俯瞰的に見て随時進行の調整をしていきます。 Webデザインの知識、ユーザーを集めやすいサイトを提案するためSEOの知識、クライアントにサイト設計の詳細を説明するにあたりユーザーインターフェイスの知識、プログラミング言語の基礎知識など、幅広い知識が求められる職種と言えます。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、Webアプリケーション開発などにおいて、プロジェクト全体の進行を取りまとめるリーダー的役割を果たします。 プログラミングを書くだけでなく、メンバーへの指示出しや育成、プロジェクトの進捗管理、クライアントとの交渉など幅広く担当し、コミュニケーション力が求められる職種となります。

コーディングの経験を積んだ後に、チームのマネジメントサイドへキャリアアップしていく流れは一般的なパターンと言えますが、自分の方向性と合うかを見極めることが大切です。 少人数のチームリーダーというイメージが上記のWebディレクターを指し、さらに複数チームを取りまとめるのがプロジェクトマネージャーといった位置付けのイメージとなります。

フロントエンジニアとしてスキルを極める

リーダーやマネジメントサイドへのキャリアアップを望まずに、フロントエンドエンジニアとして手を動かし続けてコーディングの技術力を高めていきたいという人も少なくありません。 フロントエンドエンジニアとしてのスキルを磨くことで、その道のプロとして活躍し続けることもできます。また、コーディングだけでなくデザインの意図を十分に理解したサイト設計が必要なため、例えばより積極的にデザインを学ぶと、Webデザイナーを兼務できるフロントエンドエンジニアになることも可能です。 幅広いスキルと知識を付け様々な業務を行えるプロになることも、1つのキャリアパスとなります。

フリーランス

上記以外にも、会社に属さずに個人事業主として独立するという選択肢もあります。 求人市場においてフリーランス案件が特に多いフロントエンドエンジニアは、技術習得をすれば比較的独立がしやすい職種となります。またフリーランスとして開発に参加する場合は、実力次第でどんどん難しい案件をこなすことが出来て、働きに見合った報酬を案件ごとの単価で受け取ることができます。年収アップを求めてコードを書き続けたい場合は、フリーランスで活動するキャリアパスもひとつの道と言えるでしょう。


フロントエンドエンジニアになるには?

次は、未経験からフロントエンドエンジニアになるために、実際に学習すべきことや身につけておきたい代表的な知識を紹介していきます。

プログラミングの知識

まずは、Webサイト制作の現場で使われるプログラミング言語の習得は欠かせません。 Webサイト制作をする上でもっとも基礎となるプログラミング言語が、Webページの構造を作る「HTML」、レイアウトやデザインを整える「CSS」となります。また、ページのスクロールやポップアップの表示など画面上に動きを加えていくための「Javascript」というプログラミング 言語は、フロントエンドエンジニアにとって必須の言語となります。併せて、シンプルに「JavaScript」を記述できるようにするための「jQuery」というライブラリの知識も必要となるでしょう。

無料学習サービスなど手軽に学べるサイトが豊富にあるので、まずはプログラミング言語の基礎学習から始めてみましょう。

Webサイトを実際に作ってみる

基礎となるプログラミング言語を学習し、次は実際に自身でWebサイトを作ってみましょう。 Webサイトを作ることで、どこでどのプログラミング言語が必要か、どう書いていけばいいか、どうすればWebサイトが正常に表示されるのかなど、Webサイトが完成するまでの一連の流れが習得出来てWebサイト制作への理解を一層深めることができます。また、自身で作ったWebサイトは、転職活動において技術力や知識量のアピールにも繋がるため、ある程度基礎学習を進めたら実際に作ることを始めてみましょう。

TOP