インフラエンジニア

インフラエンジニアの仕事紹介

まずは、インフラエンジニアが、具体的にどのような仕事をしているかを紹介していきます。

インフラエンジニアとは

はじめに、インフラエンジニアの「インフラ」という意味から考えてみましょう。私達の生活の土台となっている水道・電気・ガスなどを「インフラ」というように、ITの世界でも土台となるものがあります。例えば、システムやインターネットを使用するために必要なサーバーやネットワークなどがそれにあたります。

そして、そのようなITの土台となる部分の設計・構築・運用・保守を行うエンジニアのことを「インフラエンジニア」と呼びます。さらに「インフラエンジニア」は大きく分けて、「サーバーエンジニア」と「ネットワークエンジニア」に分類されます。それぞれの仕事内容を見ていきましょう。

インフラエンジニアの仕事

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、名前の通りサーバーの構築・運用・保守を行います。サーバーとは、ユーザーからのリクエストを受けてレスポンスを返すコンピュータやプログラムのことを指します。例えば、情報を検索したい人があるサイトにアクセスすると、サーバーはそのサイトの情報(画像・文字・レイアウト・動画等)を返します。日々当たり前に行っているネットサーフィンは、サーバーを介して情報の受け渡しがされているのです。

そのサーバーや必要な周辺機器はサーバーエンジニアによって選定構築されます。そして、構築後はサーバーが正常に動いているかの運用が行われ、障害発生時などは保守点検が行われます。以上が、サーバーエンジニアの仕事概要となります。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、安定したネットワークの構築・運用・保守を行います。具体的には、データの送受信などが行えるように、コンピュータ等の機器をルーターやLANケーブルで繋ぎ、最適なネットワーク環境を整えていきます。そのためには、どうすれば最も効率よく障害を起こさないネットワーク環境を構築できるかを考え、機器選定や回線の種類・数も含めて設計しクライアントの要望に応えていくのが、ネットワークエンジニアの仕事概要となります。

どちらも、ユーザーからは見えない部分を作り上げていくエンジニアのため、具体的な仕事内容をイメージしづらい職種ではありますが、IT業界で欠かせない縁の下の力持ち的存在がインフラエンジニアです。


インフラエンジニアのキャリアパス

上記のような業務を行いインフラエンジニアとして経験を積んでいく中で、将来的なキャリアパスとして代表的なものから紹介していきます。3年後や10年後になりたい姿を考えておくことで、自分自身に必要な経験とスキルが明確になるため、キャリアパスの選択肢を知っておくことはとても重要なこととなります。

未経験からのキャリアパス

監視・ヘルプデスク

インフラエンジニアとして成長していくために、どのようなキャリアパスがあるか紹介していきます。 未経験から行う業務としては、まずはインフラの監視業務・ヘルプデスク対応が主流となります。24時間365日動き続けるサーバーやネットワークが正常に動いているかを監視し、異常が発生した場合は保守担当と連携し故障対応を行います。また、ヘルプデスクとは、システムの不具合などが発生した時にユーザーから問合せが来る窓口のことを指します。その問い合わせに対しユーザーのサポートを行ったり、システム担当者へ連携するなどの対応が求められます。

運用・保守

監視業務などを経験した後の次のステップとして、運用・保守業務があります。運用・保守業務では、サーバーやネットワークに不具合が起こった時のトラブル対応や、最新の状態へのアップデート作業などを行います。監視業務やヘルプデスクと比べ、さらに専門的な知識や経験が求められますが、将来的にインフラの設計や構築をする際に必須の経験となります。

設計・構築

運用・保守業務の経験を積むと、最終的にはサーバーやネットワークの設計・構築から関わり、システムが正常に動き続けるように手掛けていきます。インフラエンジニアが担う業務の中でも花形と言える領域です。但し、専門用語が多く高度な技術が求められるため、日々の学習や最新動向の収集などが必要となり難易度が高い業務となります。

インフラスペシャリスト

専門技術に特化した業務をこなすスペシャリストのことを指します。例えば、近年需要が高まっているクラウド型のITインフラに特化したクラウド型スペシャリストや、情報セキュリティに特化したセキュア系スペシャリストや、ネットワークやデータベースに特化したITスペシャリストなどがあります。とにかく技術が好きで技術力を磨いていきたいという方には、長期的なキャリアパスとして向いていると言える職種となります。

フロジェクトマネージャー

インフラ構築をしていく上でチームや複数人で担うことになるのが通常ですが、そのチームを統括してプロジェクトの管理を行います。技術的業務に加えて、スケジュール管理からメンバーへの指示・教育なども含めて任されるため、専門知識だけでなくリーダーシップやコミュニケーション能力も問われる職種となります。 前述のインフラスペシャリストが技術を極める一方で、プロジェクトマネージャーはマネジメントサイドに興味がある人に向いていると言えます。

その他(キャリアチェンジ)

インフラエンジニアとして得た経験や知識は、キャリアチェンジにも活かすことが出来ます。 キャリアチェンジ先として多く選ばれているのが、社内SEやシステムエンジニアなどが挙げられます。社内SEは自社内のIT関連業務全般を担い、システムやサーバーの運用保守、社内ネットワークの管理、社員のITサポートなど幅広い業務が存在します。システムエンジニアは、システム設計・構築のために設計書を作成しプログラミングを行います。 共に、それぞれの職種で求められる知識の学習が必要となりますが、インフラ知識が十分に活かせる職種と言えます。


インフラエンジニアになるには?

次は、未経験からインフラエンジニアになるために、実際に学習すべきことや身につけておきたい代表的な知識を紹介していきます。

必要な知識を身につける

サーバー・ネットワークの知識

インフラエンジニアは専門的な知識が求められます。 まずは、サーバー・ネットワークの基礎を学習しましょう。インフラに関するテキストなどを活用しながら机上での学習を進め、さらに無料で使えるサービスも充実しているため、実際にサーバーを立ち上げてみるとさらに理解が深まります。クラウドが進んでいる近年では、自身のPCから簡単にサーバーを構築することも可能です。

クラウドの知識

クラウドの知識も、これからインフラエンジニアを目指す人にとっては必要となってきます。以前は物理的にサーバーを用意することが主流でしたが、近年は置く場所が不要であったり初期費用を抑えることが出来るなどのメリットがあるため、クラウド上にサーバーを持つ企業が増えてきました。そうすると、必然的にAWSなどのクラウドに携わる可能性が増えてくるため、学習しておいて決して無駄にならない需要の高まる分野となります。

資格を取得する

インフラエンジニアになるために必ずしも資格が必要というわけではありませんが、未経験から学習していく方法としては一石二鳥です。基礎の学習が出来て、転職活動において一定の知識があることを資格で証明することでアピールポイントとして活用することも出来ます。

未経験に役に立つ資格を挙げていきましょう。まずは、エンジニアなら持っておきたい最も有名な資格である「基本情報処理技術者試験」はネットワークやデータベースなどIT全般の基礎学習に繋がります。また、サーバーに特化した資格である「LincC」は、サーバーのOSとして使われることが多いLinuxの技術者認定資格となり、インフラエンジニア業務に直結する内容を学ぶことが出来ます。

TOP