女性にエンジニア職がオススメな理由とは?

エンジニアといえば、おそらく男性の仕事とイメージをされることが多いでしょう。実際に、IT業界は全体的に見ると男性のほうが圧倒的に多く、まだまだ女性が少ない状況です。

しかし、近年では、女性の比率を上げるため、また女性ならではの強みを活かすために、女性エンジニアを求めている企業が増えてきています。さらに、女性目線の独自の産休・育休制度や社内託児所などが整備されている企業も増えています。そして、他職種にはないエンジニアならではの特徴的な「働き方」は、女性ならではのライフイベントと両立をしながら長く続けることができる仕事と言えます。この記事では、女性がエンジニアになることのメリットや、どのようなキャリアパスが想定できるのかを紹介していきます。

女性がエンジニアになるメリット

技術を身につけることができる

エンジニアとして習得した「プログラミング技術」や「ITスキル」は、一生役に立つ専門的な技術となります。 2030年には70万人ものエンジニアが不足すると言われており、非常に需要の高い職種と言えます。そういった背景から、エンジニアにとって必要なプログラミングスキルをつけて経験を積んでおくことで、長期的に重宝される人材となるでしょう。 そのため、例えば、ライフイベントを機に一度仕事から離れても、身に付けたスキルや経験が重宝されるため、ブランクがあったとしても他職種と比べスムーズな復帰が望めるでしょう。

時間・場所を選ばずに仕事ができる

エンジニアの種類にもよりますが、エンジニアは基本的にはPC1台でできる仕事が多いため、場所を選ばずに仕事をすることが可能です。よって、自宅からのリモートワークが実現できて、通勤時間や通勤に伴う支度などの時間を削減することができます。

また、IT業界では、成果物を仕上げることを一番の目的として考え、フレックス勤務を取り入れている企業が多くあります。そのため、時間の使い方を比較的自由にコントロールすることができたり、自身の裁量で働く時間を決めることも可能になります。 場所・時間に制限されずに働くことができると、家族など仕事以外のことに裂く時間をより多く持つことが望めるでしょう。

産休育休後に復帰しやすい

女性ならではのライフイベントを迎え、一度仕事を辞める・休むとなった場合、また新しい仕事を探したり、復職前のように長く働けないことに対して、不安や心配なことがつきものでしょう。しかし、エンジニアとしての技術力は慢性的に需要があることから、一度仕事を辞めても、スキルと経験があれば新しい仕事を見つけやすいでしょう。

さらに、育児をしながら時間制限のある中で働きたい場合でも、リモートワークでフレックスな働き方が可能なため、ライフイベントに比較的合わせやすいのがエンジニアならではの大きなメリットでしょう。

評価・待遇に男女差がない

エンジニアという仕事は、どれだけの時間・行動をかけたかが成果に結びつくため、業界全体的に実力主義の傾向が強くあります。そのため、スキルや結果が正当に評価され、年齢・性別は関係なく平等に評価が行われます。 業界によっては、女性軽視や年功序列などの風習が残っていますが、IT業界では、年齢・性別問わずに実力次第で早期に昇給・昇格をすることも珍しくありません。

実力主義の職種であることから、自らのスキルアップや努力次第で、さらなるキャリアアップや年収アップを実現できて、活躍の場をどんどん広げていけます。

女性エンジニアとしてのキャリアパス

正社員でキャリアアップ

正社員は、他の働き方に比べて保険や福利厚生等の制度が整っていることが多いため、産休や育休後も職場復帰が比較的しやすい就業形態です。 また、上述の通り、エンジニアは評価・待遇に性別・年齢が関係ないことから、プロジェクトリーダーなどのマネジメントサイドへのキャリアアップも、努力次第で若いうちから実現できるでしょう。 「スキルアップを目指したい」「キャリアを積んでいきたい」という場合は、正社員として働くことがいいでしょう。

フリーランス

「働く場所・働く時間の自由度を高めたい」という場合は、フリーランスという働き方が最適でしょう。 会社員として勤務しそこで身につけたスキルや経験を元に、クラウドソーシングサービスやフリーランス専用エージェントなどから仕事を探し、自分自身で稼ぐことも十分可能です。

働き方は案件によって様々です。大きなプロジェクトに参加してフルタイムで働くこともできますし、短時間で作業ができそうな仕事を選ぶこともできます。子どもが寝ている時間や家事の合間など、隙間時間で働くことも可能です。発注される仕事ごとに報酬が決まっているため、収入をある程度自分でコントロールしながら、自分のペースで仕事を続けることができる働き方です。

エンジニア派遣

派遣社員として、開発プロジェクトに参加するのも1つの選択肢となるでしょう。 派遣社員としてプロジェクトに関わることのメリットは、残業の有無や時短勤務の選択などが生活に合わせてできるため、時間のコントロールがしやすい点となります。

勤務時間・報酬・契約期間などは会社同士で決められており、基本的には残業がありません。ライフスタイルに合わせた働き方ができるため、仕事と家庭を両立して働きたい人などが派遣エンジニアとして働くケースが多く見られます。また、プロジェクト単位で組織を作り人が動くIT業界では、女性に限らず派遣で働く人が多くいます。


男性が多くを占めているエンジニア職とは、実は、女性にとってメリットの多い働き方が実現できる職種でもあります。また、時代の流れとともに、様々な企業において女性エンジニアの採用需要が高まってきています。 ライフイベントや将来のことを見据えた時に、エンジニアへキャリアチェンジすることは、女性にとって長期的な最適な働き方が選びやすいと言えるでしょう。

関連記事

TOP