IT業界の全体像、エンジニアの年収や働き方

「IT業界」って最近よく聞くけど、「具体的にIT業界ってどうなっているの…?」と疑問に思ったことはありませんか? 「IT業界」という言葉は広く、ここで言う「IT業界」の中には、複数のビジネスモデルが分類されています。ビジネスモデルの違いを理解せずに未経験からエンジニアに転職すると、思っていた仕事内容と違うなどのギャップが生じるため、まずはIT業界の全体像を理解することは非常に重要なこととなります。 この記事では、IT業界の全体像を紹介し、さらに各ビジネスモデルにおける年収や働き方について解説していきます。

IT業界の全体象

アプリ開発

自社で作ったサービスで、売り上げを立てている企業のことを指します。 アプリと言えば、スマホアプリを一番に思い浮かべるかもしれませんが、ここで言うアプリとは、Webブラウザなどから見れるWebアプリも含まれています。そういったインターネットを介したサービスを作り上げます。

具体的な企業例で言うと、楽天・メルカリ・LINE・クックパッドなどの有名企業から、あらゆるサービスを世の中に送り出している様々なベンチャー企業などを指します。自社でより良いサービス開発を行うにあたり、サービス改善のための最新技術への姿勢が積極的であることが特徴です。常に最新の動向をキャッチアップする必要はありますが、技術に興味がある人には最適の企業となります。

Web制作

クライアントから依頼されたサイトを制作し、売り上げを立てている企業のことを指します。 具体的には、HP・ランディングページ・ブログ・採用ページの作成をクライアントに依頼され、要望に沿ったものを作り上げていきます。

また、自社でWebメディアを立ち上げて運営することで売り上げを上げるメディア事業を行う企業もあります。 Web制作系の企業では、主に、HTML・CSS・Javascriptなどのプログラミング言語や、WordpressなどのCMSを使います。

SIer・システム開発

クライアントからシステム開発・運用・コンサルティングなどを依頼され、売り上げを立てている企業のことを指します。 近年では、業務においてIT機器や業務システムを使用する企業がほとんどです。一方で、ITに精通したエンジニアが自社内におらず、システムの設計や開発を行えないような場合もあります。そのような際に、システム開発・運用・コンサルティングまで幅広く専門に行うSIer(エスアイヤー)に依頼します。

業態的にはWeb制作と似ており、業務が被っている部分もありますが、SIerはWeb制作よりもさらに大きなシステムに関わるようなイメージとなります。具体的な企業例で言うと、NTTデータ・NEC・伊藤忠テクノソリューションズ・Microsoftなどが挙げられます。

SES(システムエンジニアリングサービス)

クライアントに対してエンジニアを派遣することで、売り上げを立てている企業のことを指します。 厳密に言うと、エンジニア派遣の種類はいくつかありますが、ここではざっくりと「派遣」というイメージで進めていきます。 派遣という形態から、多くの場合が、自社に在籍しながらクライアントの職場で常駐して仕事を行う「客先常駐勤務」となります。そのため、常駐先により様々な業務やシステム開発を経験できて、その度にプログラミング言語や技術を習得することも可能な環境となります。

エンジニアの年収

IT業界の全体像を理解したところで、次は、それぞれの業界における正社員の平均年収を「求人ボックスの給与ナビ」を参考に紹介していきます。 参考:求人ボックス|給与ナビ

アプリ開発

アプリ開発業界の平均年収は550万円となります。 アプリ開発経験のあるエンジニアは非常に市場価値が高く、業界内での獲得競争が激しい傾向にあります。そのため、スキルのある人はどんどん年収が上がっていく実力主義の世界と言えます。 また、「IT×介護」や「IT×教育」のように、特化している業界が、需要のある業界もしくは今後需要が高まる業界であれば、年収は右肩上がりになっていく傾向にあるでしょう。

Web制作

Web制作業界の平均年収は482万円となります。 クライアントからの依頼を受けるクライアントワークがメインなことから、アプリ開発業界の平均年収と比べると少し低くなります。Web制作業界の中でも職種によって年収は様々で、デザイナーやコーダーよりもフロントエンドエンジニアの方が比較的年収は高い傾向にあります。さらにフロントエンドエンジニア兼デザイナーなど複数のスキルを持っている場合は、市場価値が高く年収が上がりやすいと言えます。 また、WEBプロデューサー、ディレクターなどマネジメントサイドへのキャリアアップを果たすと、さらに年収アップが期待できます。

SIer・SES

SIer・SES業界の平均年収は491万円となります。 ただし、業界特有の多重下請け構造から、所属する企業により年収は様々です。多重下請け構造とは、発注者(ユーザー企業)から委託された業務が、元請け企業から2次請け企業そしてさらにその下層へと流れていく構造のことを指します。そうすると、必然的に1次請けを主に行う大手企業が一番利益が大きく、下請けになればなるほど利益が少なくなります。そのため、業界内でその企業がどの辺に位置しているかにより、年収は大きく変わってくる傾向にあります。

エンジニアの働き方

次に、エンジニアの働き方について紹介していきます。エンジニアはスキルが重視されPC1台あれば働くことができるため、他職種と比べると働き方は多様となります。

会社員

企業に所属して会社員として勤務します。多様な働き方の中でも、会社員が一番安定性があり、大手企業やベンチャー企業に限らず、研修が充実している会社が多いため、スキルアップやキャリアアップを目指しやすい環境が整っています。 会社に所属していることで、人との繋がりが多く、様々な情報や経験を手に入れることができるでしょう。しかし、このつながりによって人間関係で悩む場合も多いので注意が必要です。

派遣

派遣社員としての勤務を選択するエンジニアもいます。派遣先企業で働くため、同じ企業でずっと働く可能性は低く様々な企業で働くことになります。 派遣社員でいることで多くのプロジェクトに関わることができて、エンジニアとしての技術や知識が多く得られます。また、派遣先企業が変わる度に新しい知識を学ぶことができて、常に新しいことを学習したい意欲のある人にはメリットの多い働き方と言えます。 ただし、気に入った会社で長く勤務を続けたい場合でも雇用期限に上限があるなどして、希望通りにはいかないケースも十分に起こり得ることです。

副業

エンジニアとしてスキルを身につけることが出来れば、副業案件の獲得も比較的実現しやすくなります。副業をすることで、就業先で給与アップを狙うよりも効率良く収入の増加を見込むことができます。

また、エンジニアが副業を行うもう1つの大きなメリットとして、エンジニアとしての開発経験やスキル向上に繋がることが挙げられます。会社では興味のある分野に挑戦してもらえなかった開発や、エンジニアとしての開発(実務)経験を積むのにちょうど良い仕事がピンポイントで見つかる可能性もあります。

フリーランス

企業に属さずに個人事業主として独立するエンジニアも多くいます。 フリーランスのエンジニアは企業のバックアップが無い分、仕事を得るために高い技術力が求められます。その分、働く時間を自身でコントロールできたり、さらにはリモート可能な案件であれば働く場所も自身で選べるため、「働く時間や場所に縛られない」働き方を実現できます。また、実力次第でどんどん難しい案件をこなすことが可能で、働きに見合った報酬を案件ごとの単価で受け取ることができます。


本記事では、IT業界の全体像、エンジニアの年収や働き方について紹介してきました。 まずは、業界の全体象を理解し、未経験からエンジニアになる上で、どの業界でどんな働き方が自分自身に合うのかを見極めていきましょう。

関連記事

TOP