インフラエンジニアが、未経験からのファーストキャリアとして良い理由とは?

初めに、「インフラエンジニア」とは、ITの土台となる部分の設計・構築・運用・保守を行うエンジニアのことを指します。土台となる部分と言うと、システムやインターネットを使用するために必要なサーバーやネットワークなどが、それにあたります。 この記事では、あまり聞き慣れない「インフラエンジニア」が、未経験からIT業界へ転職をする際に、最初のキャリアとしてオススメな理由を紹介していきます。

未経験からでも転職がしやすい

監視・保守業務が多く人手が必要

サーバーといえば、24時間365日動き続けているもので、サーバーがストップしてしまうとあらゆる箇所に影響を及ぼします。そのため、サーバーが正常に動いているかを24時間監視をして、万が一異常が発生した時に保守を行うための人員が必要となります。

監視・保守の段階では、はじめのアラートを感知して、対応できるスキルを持ったエンジニアに繋ぐことが先決のため、業務未経験者でも比較的はじめやすい仕事といえます。設計・構築ほど実務経験が重視されにくく、ITインフラを365日・24時間体制で支えていく上で人手不足に陥りやすい需要の高い業務となります。そのため、IT業界未経験者であっても採用されやすい傾向にあります。

インフラエンジニア希望の人が少ない

「エンジニア」とは、「プログラミングを書いて開発ができる人」と、はじめにイメージされることがほとんどであり、「エンジニアになりたい」=「Webエンジニアになりたい」というケースが多いのが現状です。

その中で、「インフラエンジニア」という職種は、まだまだ浸透していないエンジニア職となります。また、プログラミング言語などのコーディングをして、プロジェクトの開発を行うわけではないため、あえて「インフラエンジニア」を目指すというケースは少数派と言えます。

一方で、上述の通り、需要が高く未経験でも始めやすい業務となります。そのため、サーバーやネットワークなどのインフラ知識を身につけて運用保守経験を積みながら、並行してプログミング学習を行いWebエンジニアへキャリアチェンジするというのも、1つの選択肢となるでしょう。インフラ知識の有無は、どんなエンジニアを目指すにしても必ずプラスな要素となるため、インフラエンジニアとしての経験は将来も活きるものとなります。

将来性が高い

ITインフラの需要は高まり続ける

近年では、「クラウド」の普及により、インターネット上からでも簡単にインフラ環境を構築できるようになりました。「クラウド」とは、サーバーなどのインフラやソフトウェアをユーザーが持たなくても、インターネットを通じて利用できるサービスを指します。

生活の中で身近なもので言うと、Appleの「icloud」がクラウドサービスの1つです。また、クラウドサーバーですと、Amazonが提供する「AWS」が代表的なものとなります。 一方で、現在まで使われてきている「物理的に必要となるサーバー」をプンプレミスといいます。オンプレミスと比べて、クラウドサービスは、簡単に環境を構築できてインフラのコストダウンや業務効率化といったメリットがあることから、オンプレミスからクラウドへ移行する企業が増えてきているのが現状です。

こういった市場の変化は見られるものの、インフラという大枠で言うと、クラウドの広まりによりさらに需要が高まり世の中に必要不可欠なものであることは変わりません。

仕事がなくなる可能性が低い

上述の通り、物理サービスからクラウドサービスへ移行傾向にある中で、サーバールームやデータセンター内で物理サーバーを扱う技術者の仕事に限定すると、インフラエンジニアの求人は今後減少していく可能性もあるでしょう。

しかし、クラウドの利用が拡大しても、インフラという大枠で考えると業務の対象が変わるだけで、ITインフラの構築や保守・運用に関する仕事そのものがなくなるわけではありません。つまり、稼働中のサーバーやネットワーク環境を運用管理ができる人材に加え、新サービスや新規事業の環境をクラウド上に構築し運用できる人材も必要とされるようになるということです。

クラウドの流行により新たな需要が生まれ、必要なポジションが増えているのが現状です。つまり、IT技術の必要性がなくならない限り、インフラエンジニアの仕事もなくなる可能性は低いと言えます。時代の変化に合わせてスキルを身につければ、将来的にインフラエンジニアとして長く活躍できるでしょう。

知識・経験が身に付く

研修・資格取得制度を受けることができる

未経験者を積極的に採用している企業では、入社時の研修やサポートが充実していたり、また常にスキルアップをしてほしいという姿勢から、資格取得を奨励すために資格取得支援制度を設けている場合も多くあります。 また資格に応じて、昇給や資格手当などを用意している企業もあるため、資格でキャリアを作っていきやすいとも言えます。

インフラエンジニアに役に立つ資格としては、多くのサーバーで採用されているOS「Linux」に関する基礎的な知識が問われまる「LinuC」、ネットワークに関する基礎的な技術やネットワーク機器を扱うために必要な知識が問われる「CCNA」等が挙げられます。 これらを活用することで、ITインフラに関する知識を網羅的に身につけることができます。

IT業界で経験を積むことができる

IT業界問わず、将来的にキャリアの幅を広げていく際には、業界内での何かしらの業務経験の有無は重要なポイントとなります。 どれだけ学習を続けて知識を付けても、業務を実際に行う現場での経験からしか学べばない要素も多くあります。

はじめは未経験でもできる運用・保守業務を担当することになったとしても、上流工程から下りてきたものとして認識することで、運用・保守以外の要素も自身の視点・姿勢次第で吸収することも可能でしょう。 また、その業界で使われている専門用語や特有の慣習、エンジニアならではの論理的思考方法、日常的なPC能力向上などは、実務経験の中でしか学べないことです。裏を返せば、どんなポジションで参入しても誰でも学ぶことができる要素ともいえます。

いち早くこれらの経験を積むことができる点は、インフラエンジニアがIT業界でのファーストキャリアとして向いているといえる大きなポイントとなるでしょう。


表舞台には出ないインフラエンジニアですが、実は「未経験からでも転職がしやすい」「将来性が高い」「知識・経験が身に付く」と三拍子が揃っていて、未経験者にとってはエンジニアとしてのファーストキャリアとして充分にあり得るでしょう。 インフラエンジニアの業務内容やキャリアパスから、自身の適性や将来なりたいエンジニア像に当てはまるかを見据えた上で、インフラエンジニアという道も1つの選択肢として考えてみましょう。

関連記事

TOP