未経験からエンジニアへの転職成功するまでの流れ

この記事では、未経験からエンジニアへ転職するまでのステップをご紹介していきます。 「エンジニアとして転職したいけど何から始めればいいの?」と最初のスタートを切れずに、踏み止まってしまっているケースも多々あるでしょう。 「エンジニア転職に興味はあるけど何をすればいいかわからない!」という方に向けて、今日からでも取り組める具体的なステップをお伝えします。

IT業界・職種を理解する

IT業界に転職したいと意欲はあるものの、「業界構造やIT関連職種についてあまりよくわかっていない…」というのは、意外とよくあることです。 ただし、業界・職種を知ることは、先々のプログラミング学習や転職活動において一番の肝となるステップです。まずは、業界・職種の理解を深めることからはじめましょう。

IT業界の全体像を知る

「IT業界」という言葉は広く、「IT業界」の中には、複数のビジネスモデルが分類されています。ビジネスモデルの違いを理解せずに未経験からエンジニアに転職すると、思っていた仕事と違うといったギャップが生じるため、まずはIT業界の全体像を理解することは非常に重要でしょう。 ここでは、大きく4つに分けた概要のみご紹介します。

・アプリ開発
自社で作ったWebアプリやスマホアプリ等のサービスで、売り上げを立てている企業。

・Web制作
クライアントから依頼されたサイト(HP・LP・採用ページ)を制作し、売り上げを立てている企業。

・SIer、システム開発
クライアントからシステム開発・運用・コンサルティング等を依頼され、売り上げを立てている企業。

・SES(システムエンジニアリングサービス)
クライアントに対してエンジニアを派遣することで、売り上げを立てている企業。

各業界の有名企業を調べると、どんなことをしているか具体的なイメージが湧きやすいでしょう。

職種を知る

エンジニアと一括りにされていることが多いですが、エンジニアの中でもあらゆる種類の職種があります。そして、それぞれの職種によって仕事内容・必要な知識やスキル・キャリアパス・働き方など、様々な点で異なります。目指したいエンジニア像を考えるためにも、まずは職種の違いを理解することは非常に重要でしょう。 ここでは、大きく4つに分けた概要のみ簡単にご紹介します。

・Webエンジニア
WebアプリケーションやWebシステムの設計・開発・運用などを行うエンジニア。

・フロントエンドエンジニア
Webエンジニアの中で、Webサイト等のユーザーが目にする部分(Webサイトのトップページ等)の設計・作成を行うエンジニア。

・インフラエンジニア
Tの土台となる「サーバー」や「ネットワーク」の設計・構築・運用・保守を行うエンジニア。

・テストエンジニア
システムやアプリケーションが正しく動くかのテストを行うエンジニア。

自分がなりたいエンジニアを考える

業界・職種を理解した上で、まずは自身がなりたいエンジニア像を考えましょう。 どの業界でどの種類のエンジニアになりたいかが定まっていないと、何を目標にして学習すべきかが明確になりません。

例えば、Webアプリケーションの開発に携わりたい場合と、インフラの構築に関わりたい場合では、初学者から学習する内容や転職成功までにすべきことは大きく変わります。 向き不向きを知るという意味では、必ず一つに絞り切る必要もないですし、業界・職種を理解した上で、自身の特性に合った仕事を研究することも重要な道のりでしょう。

キャリア・強みの棚卸し

エンジニアへ転職する際、必ず企業との面接が行われます。 その際に未経験者として企業から評価される点は、志望動機やエンジニアへの意欲の一貫性や、今まで経験してきた仕事への向き合い方や活かせる強みです。

自己分析を行う

これまでの経験や業務内容を振り返り、「どんな経験・仕事をして、どんなことが得意・苦手だったか」など、自身のことを理解することからはじめてみましょう。例えば、「飲食店勤務経験」と言えど、多岐に渡る飲食店での仕事内容をリストアップしていき、各業務について「どのポジションでどんな役割を果たしていたか」「どんな姿勢で取り組んでいたか」などをまとめてみましょう。 そこを言葉・文字にすることは、自分のキャリアを振り返るための重要なステップとなり、選考時に企業に自身のことをにスムーズに伝えることができるようになります。

エンジニアとして活かせる強みを考える

キャリアを振り返ると、経験してきた業務の中でも「得意・苦手」「強み・弱み」などが見えてくるでしょう。 この中で「得意と感じていたこと」や「強み」を企業に知ってもらうことは、「この人を採用したい!」と踏み込んでもらうために必要な情報となります。

さらに、その強みがエンジニアとして活かせるものであることが重要なポイントです。 例えば、営業経験から培ったコミュニケーション能力や顧客折衝力は、チームでプロジェクトを進行していく上で、エンジニアとしても活かせる重要なスキルとなります。 エンジニアとしても役に立つスキル・能力が、今までの経験の中で具体的にどのような場面で活かされていて、エンジニアとしてはどう活かしていけるかを、エピソードをともに伝えると、より説得力のある内容となるでしょう。

面接に向けた徹底的な準備

面接で想定される質問について考える

次は、選考時の質問を想定し、上記でまとめた「強み」や「自己分析した内容」を、企業の面接官にわかりやすく伝えれるよう、徹底的に準備をおこないましょう。 業界・職種のことを理解し、エンジニアへの志望動機・意欲を的確に伝えることができると、「エンジニアとしての経験はないが、意欲は高い」と企業に興味を持ってもらえるでしょう。

応募する企業のことを知る

業界・職種への理解と同様、応募する企業について理解していることも重要です。 事前に、会社のホームページや採用ページ、SNSへの発信などを読み込み、企業について知ることからはじめましょう。その中で、「どこに興味を持ち」「なぜその企業で働きたいと思ったか」まで伝えることができると、より説得力を持たせることができます。


未経験からエンジニアへ転職するまでのステップをご紹介してきました。 業界・職種をしっかりと研究した上で、自分自身のキャリアの棚卸しや強みの理解を深め、「未経験でも採用したい!」と企業に思ってもらえる準備をすることが、未経験から転職を成功させる上で重要なポイントとなるでしょう。

関連記事

TOP