未経験からITエンジニアになる無料の転職応援サービス!未経験OKの会社のみご紹介します。 登録はこちら

未経験者向けのエンジニア求人が多い職種とその理由を解説!

この記事では、未経験からエンジニアへ転職する際に、具体的にどのような求人があるのかご紹介します。

「エンジニアとして転職したいけど、本当に未経験で応募できる求人はあるの?」という方に向けて、未経験者の採用を積極的にしている職種や業界をお伝えします。

目次

未経験からエンジニアに転職できる理由

どんな求人があるのかを知る前に、まずは未経験からエンジニアへ転職できる理由を理解しましょう。

理由としては、2つあります。

エンジニアが不足している

IT・Web業界をみると、市場は右肩上がりに拡大しており、エンジニアの需要が高まっています。

需要に見合った数のエンジニアが確保できず、人材が不足しています。

そのため、常にエンジニアの需要は高く、未経験からでも目指せる職種となります。

経済産業省と厚生労働省が一体となり、エンジニア人材育成に注力するなど、エンジニア不足問題の解決に向けた政策の導入も進んでいます。

企業側で積極的に採用している

エンジニアが不足しているため、経験や技術のあるエンジニアだけでなく「これからエンジニアになりたい」と思っている未経験者層をターゲットに採用する企業が増えています。

具体的な数字をみると、転職サイトのDodaが発表しているレポートでは、IT業界の有効求人倍率は5.22倍と非常に高い倍率になっています。

のびしろやポテンシャルが評価されるため、未経験からでもエンジニアへ転職できます。

未経験求人の多いエンジニア職種

次に「未経験歓迎」や「未経験可」とされている求人や、未経験から転職しやすいエンジニア職種はどういったものがあるのかを紹介します。

インフラエンジニア

「インフラエンジニア」とは、ITの土台となる部分の設計・構築・運用・保守を行うエンジニアのことを指します。

土台となる部分とは、システムやインターネットを使用するために必要なサーバーやネットワークのことです。

一見難しそうな印象を受けるインフラエンジニアですが、未経験から転職しやすく、かつ未経験歓迎の求人が多い職種です。

理由としては、インフラエンジニアの業務の幅が広く、未経験者でも任せることのできる業務が他のエンジニア職種よりも多いからです。

技術や経験がなくても、必要な知識を学習することで、未経験からでも挑戦することができます。

具体的には、「監視・保守業務」が未経験歓迎の求人が多く掲載されています。

サーバーが正常に動いているかを24時間監視・保守する必要があり、需要の高い業務となっています。

マニュアルがあるため未経験でも現場に入りやすく、積極的に未経験者を採用している企業が多くあります。

テストエンジニア

「テストエンジニア」とは、システムやアプリケーションが正しく動くかのテストを行うエンジニアのことを指します。

ユーザーが実際に使っていくなかで想定されるすべてのケースを洗い出し、公開前にテストをすることで、プログラムの設計ミスやバグを発見します。

テストを行うことが役割であることから、特にプログラミングスキルや技術は問われず、テストを継続して行うための集中力や正確さが求められます。

企業としてはIT業界未経験者でも比較的任せやすい業務となり、積極的に未経験採用が行われています。

テスターの求人を掲載している企業としては「テスト事業に特化した企業」「Webアプリやシステム開発を行う企業」「SES」などが挙げられます。

サポート・ヘルプデスク

「サポート・ヘルプデスク」とは、社内または社外ユーザーからのPC・メール・ネットワーク関連の問い合わせに回答したり、トラブルが発生したときに障害の切り分けなどを行う仕事です。

エンジニアという職種とは少し外れますが、将来的にエンジニアになるための知識やスキルをつけることができて、IT業界のなかでも未経験歓迎の求人が多い職種です。

具体的な仕事内容としては、以下のようなものがあります。

・社員の異動に伴うPC設定変更作業
・社内ネットワーク管理
・社内ネットワーク不具合対応
・OA機器の設定変更
・発送作業
・不具合に関する問い合わせ
・修理対応

IT業界未経験でも、研修を受けマニュアルに沿って始められる業務です。

未経験求人の多い企業業態

ここからは未経験求人が多い「企業業態」を紹介します。

SES(客先常駐)

SESとは、クライアントに対してエンジニアを派遣することで売り上げを立てている企業のことを指します。

未経験歓迎の求人の多くを占めているのが、このSESという業態です。

実務未経験・プログラミング未経験者を積極的に採用しています。

理由としては、SESは「IT人材をクライアントに派遣する事業」なので、自社に技術者がいなければビジネスになりません。そのため、多くの技術者を自社で確保する必要があります。

近年はIT市場全体が人材不足ということもあり、未経験歓迎など選考のハードルを下げて採用する傾向があります。

SES事業者によって、自社の技術者のスキルアップはなにより重要です。

研修制度が用意されている企業も多く、未経験者でも実務レベルの技術を身につけられる環境といえます。

SIer(受託開発)

SIerとは、クライアントからシステム開発・運用・コンサルティングを依頼され、売り上げを立てている企業のことを指します。

SESと比べると求人数は少なくなりますが、SIerも未経験可の求人が比較的多い企業業態となります。

受託開発の仕事では、その企業が取引しているクライアントの各要望に応えるため、案件ごとに異なる開発環境や言語を使ってシステムを開発します。

さまざまなITスキルが身につき、エンジニアとして仕事の幅が広がる環境です。

まとめ

未経験でもエンジニアへ転職できる理由や、未経験者向けの求人の多い職種・企業業態を紹介しました。

職種や企業業態の理解を深めると、なぜ未経験歓迎の求人が多いのか、そこで何を学ぶことができるのかが見えてくるでしょう。

この記事を書いた人

未経験エンジニアと企業をつなぐ|IT・WEB業界について発信|1,500名以上のキャリア相談|未経験エンジニアを育成サポート|高卒→病院勤務→大手通信営業→DMM .com Group|起業し法人設立|株式会社ホールハート参画し、未経験エンジニアのキャリア支援に従事

目次
閉じる