エンジニアとして働いている人達の過去の経歴は?

「エンジニア=理系」というイメージが強かった一昔前から比べ、近年ではエンジニアは理系・文系問わずになれる職業という風潮が強まってきています。さらには、学歴・経歴も問わない学歴不問の求人も多く見られます。

でも実際のところ、「本当に自分でもエンジニアになれるのか」と半信半疑で踏み出せなかったり、不安に思ったりしませんか?さらに、現在エンジニアとして活躍している人たちの過去の経歴なども気になるポイントとなるでしょう。この記事では、そんな方に向けて、エンジニアが情報や知識を共有するための有名サイト「Qitta」を参考に、未経験からエンジニアになった人たちの過去の経歴で比較的多いものをピックアップして紹介していきます。

営業・接客業からの転職

SESやSIerの営業

IT業界には様々な業態の企業があり、代表的なものでいうと「SES」と「SIer」が挙げられます。「SES」とは、エンジニアを必要としている企業に対して、エンジニアを派遣する業態の企業のことを指します。また、「SIer」とはソフトウェアの設計・運用・コンサルティング等の仕事を請け負う企業となります。

そういったIT関連企業において、技術者としてではなく営業を担当していた人が、営業していく上でプログラミングやソフトウェアの開発工程等に興味を持ち、エンジニアを志望することは比較的多いケースとなるでしょう。

その他営業

IT業界での営業に留まらず、その他の業界において営業職として従事していた人がエンジニアへ転職するケースも多く見られます。

「手に職を付けたい」「技術に興味がある」「場所に縛られないフルリモートワークを実現したい」「いずれフリーランスとして独立したい」など動機は様々です。また、営業経験から培ったコミュニケーション能力や顧客折衝力は、エンジニアへ転職してからも活かせる重要なスキルとなります。そのため、営業を経験してからエンジニアになるという選択肢は、他者との差別化に繋がる1つの強みになると言えるでしょう。

飲食・接客全般

飲食店やアパレル店などでの接客業からエンジニアへの転職を目指すケースも多くあります。

深夜まで営業している飲食店勤務などは昼夜逆転してしまい生活のリズムが崩れやすかったり、シフト勤務の場合は長期休暇が取りづらいなどの、生活環境の改善が動機であったり、日々スマホアプリを使っていく中で自分自身でアプリを作ってみたいという純粋な興味から目指す人もいるでしょう。 ITやプログラミングに関する学習は必要になりますが、営業職と同様に、接客経験から培った「コミュニケーション能力」や「顧客の要望を聞き応える能力」などはエンジニアとしても必要な能力となり、転職活動時には1つの強みとしてアピールするとができます。また、真面目さや人柄を見て採用する「ポテンシャル採用」を取り入れている企業も多くあることから、自ら学ぶ姿勢や仕事への向き合い方などが評価され転職を実現しているようなケースが多く見られます。

また、最近では、Youtube動画やTwitterなどを検索すると、学歴・経歴なくてもエンジニアになれた方法など様々な先例記事が見つかります。一概にそれが全てだとは言えませんが、フリーターからエンジニア転職を果たした先例の人達を参考にするのも1つの手段となるでしょう。

フリーターからの転職

学歴・経歴を問わず人柄を見て採用する「ポテンシャル採用」を取り入れている企業も多くあることから、フリーターからのエンジニア転職を実現しているケースも多くあります。

経済産業省の「IT人材需要に関する調査」において、2030年には最大で79万人もの需要と供給の差が生まれると予測されており、エンジニアは極めて需要が高い職種と言えます。また、スキルや経験が重視されるエンジニアは、学歴や経歴を問わない学歴不問を条件に入れた求人が多いイメージです。さらに、特別な資格がなくてもなることができます。

最近ではプログラミングブームということもあり、progateのような無料学習サイト・本・Youtube等の動画教材など様々な学習法があるため、プログラミングの基礎を独学で習得することも充分に可能です。また、最近では、YoutubeやTwitterなどを検索すると、学歴・経歴なくてもエンジニアになれた方法など様々な先例記事が見つかります。一概にそれが全てだとは言えませんが、フリーターからエンジニア転職を果たした先例の人達を参考にするのも1つの手段となるでしょう。

IT・WEB関連職からの転職

エンジニア全般

エンジニアの中でも様々な種類のエンジニア職があるため、エンジニアとして他職種へ転職するというケースも見られます。

例えば、「インフラエンジニア」として勤務している中で、インフラ部分だけでなく実際にシステム開発に関わってみたいという理由から「Webエンジニア」へ転職。「テストエンジニア」をしているがテスト業務をする中でプログラミング知識を習得し、サイトやアプリの見た目を作る「フロントエンドエンジニア」へ転職。これらのように、キャリアアップややってみたいことを実現するために、違う分野のエンジニアへ転職を実現している人も多くいます。

社内SE

社内SEとは、自社内のIT関連業務全般を担うエンジニアのことを指します。 所属する会社にて、システムやサーバーの運用保守・社内ネットワークの管理・社員に対するITサポートなど幅広い業務を行いますが、一方で、システムやネットワークなどは既に出来上がっているため一から開発や構築に関わるというよりは、出来上がったものの運用・保守業務をしていくというイメージとなります。 そのため、「開発経験を積みたい」「一からシステム構築に関わりたい」などの理由から、社内SEから開発を専門に行う「Webエンジニア」などへの転職も見られます。

その他

製造業

工場での軽作業、金属の溶接・加工、部品の組み立てなどを行う製造業から、エンジニアへの転職例もあります。 工場での業務全般において、どこの工程を担当していても後続への影響を及ぼすため、小さなミスでも許されない集中力が求められる仕事となります。そのため、工場勤務経験は、エンジニアとして転職した際に、常に高い集中力を保ちながらコーディング等に打ち込める強みが他者との差別化になるでしょう。

 

公務員

公務員からエンジニアへ転職という例もあります。 「安定はしているものの業務に刺激がない」「元々技術的な仕事に興味があった」「働く場所や時間に縛られないフリーランスになりたい」など、好奇心や自身の働く環境を変えたいというような動機が見られます。 全くの異業種への転職となりますが、国や自治体の規則・ルールに対して忠実さや正確さが求められう公務員業務の経験は、エンジニアとして転職した際も、エラーが発生した時にその原因究明を慎重に正確に突き詰めていける姿勢が強みとしてアピールできるでしょう。


本記事では、現在エンジニアとして活躍している人たちの過去の経歴を紹介してきました。 最後に、未経験からの異業種への転職においては、過去の業務経験をエンジニアとしてどう活かせるかが重要なポイントになるでしょう。

関連記事

TOP