【成功経験談】未経験からエンジニア転職♯03

前職では営業のお仕事をされていて、2月からエンジニアに未経験から転職をした吉田さん。 未経験からエンジニア業界への転職活動のことや、入社後の研修・お仕事内容などについて、色々お話を伺っていきたいと思います!

吉田さん(仮名)27歳男性
営業職からWebエンジニアを漠然と目指しながら転職活動を行い、「はじめてのエンジニア(ホールハート)」にご登録頂きました。エンジニアの職種を明確に理解した上で、やはり「第一志望はWebエンジニア」と強い意志を持ち、それが実現できる企業へ転職成功されました。

エンジニアを目指そうと思ったきっかけを教えてください。

自分でものを作ることが好きだなと思ったことが、大きなきっかけでした。前職の営業時代は代理店営業であったため、お客様から意見を受けたとしても自分自身で商品を改善できないことに対して、モヤモヤしている部分がありました。

一方で、私が作成した提案資料を褒めてもらえた時に、自分で実際に手を動かして作り上げることにとても達成感を感じました。そういった経験が、ものづくりができるエンジニアを目指すきっかけとなりました。

ホールハートを利用してみようと思ったきっかけは?

はじめは、大手求人サイトを利用して転職活動をしていました。その求人サイトの中で、「未経験からエンジニアになれます!」というタイトルのスカウトメールを頂いたことがきっかけでした。

営業経験のある私に、エンジニアのスカウトが来たことが珍しく興味を持ち、キャリアアドバイザーの方との面談に進むことにしました。面談の中では、履歴書の添削や面接対策などをして頂きましたね。 他の人材紹介エージェントも一度利用しましたが、営業経験があることから営業の求人を多く紹介して頂き、エンジニアを志望していた私とは合わないと思い利用しなくなりました。

ホールハートを利用してみた感想は?

ホールハートのキャリアアドバイザーの方が私に合いそうな企業を紹介して下さったから、今の企業と出会うことができてかつ内定まで頂けたと思います。

こういう条件が揃っていれと、私にとって良い企業だと詳細まで教えて頂きました。 IT業界でどの企業を選ぶべきかの判断材料が自分の中には少ない状態だったため、1人で転職活動していても絶対に出会うことができなかったと思います。 また、私はWebエンジニアになりたいと当初から考えていましたが、面談を通して明確にWebエンジニアを目指したいと強く思うようになりましたね。

はじめは、他のエンジニアの職種のことをあまり知らないまま、Webエンジニアになりたいと漠然と思っていました…。そして、面談の中でインフラ系の職種や企業のことを知り面接まで受けましたが、やはり私がやりたいことはWebエンジニアの仕事だとクリアになったことで納得した転職となりました。

就職活動で工夫されたことはありますか?

転職活動をしていた期間としては約3ヶ月で、受けた面接の数としては20〜30社ほどでした。 知識がないと企業の良し悪しが判断できなかったため、情報取集としてとにかく面接を受けることに集中していた時期がありました。その時は、右も左もわからない状態でとても大変でしたね。

また、IT業界に対する知識がほとんどないところからのスタートだったため、「IT業界やエンジニア職種の理解」、「それぞれのエンジニアがどのようなキャリアを歩むことができるか」、「プログラミング言語の違い」などを、YouTubeを参考にしながら情報収集していきました。

ホールハートと出会うまでの1人で転職活動を行っていた時は、エンジニアの面接対策などもYouTubeを参考にしながら、面接で実践しつつブラッシュアップしていくような工夫をしていました。

入社後はどのような研修を受けられましたか?

2月に入社し2ヶ月間、Zoomを通したオンラインでの研修を受けました。 新卒の時に行うようなマナー研修であったり、企業理念の理解、さらにはエンジニアとしての姿勢を学ぶような研修もありました。

基礎的な内容が終わると、プログラミング言語の研修に入りました。プログミング言語の研修では、HTMLやJavaなどの言語を学習しカリキュラムを1人で進めながら、わからない箇所があれば専任の講師に質問を投げかけ、1対1で画面共有をしコードを見てもらいながら説明してもらったりしていました。

同時期入社した人が30人ぐらいで、カリキュラムの進み具合は人により様々でした。カリキュラムの習得が早い人は、研修期間を明けてすぐにプログラミングのコーディング案件から参画している人もいました。 私はカリキュラムの進み具合としてはあまり良くない方だったので、参画した案件は私のレベルと見合っていないように思っていましたが、意欲とコミュニケーション能力を評価され選んで頂きました。

現在のお仕事内容を教えて下さい!

現在は、テスト業務を行う案件に参画しています。具体的には、完成したリリース前のサービスの結合テストを行っています。 テスト業務を終えた後は開発部門が配属先となるため、ゆくゆくはコーディング工程に携わっていけるポジションなのかなと思っています。

転職後、生活に変化はありましたか?

ワークライフバランスが大きく改善されました。前職の時は、残業が多く通勤にも時間が取られていて仕事にずっと追われている感じだったため、生活を見直したいと強く思っていました。

転職してからは、ほとんどのことがオンラインで完結するため、通勤にかかる時間が削減されて朝起きてからの時間に余裕ができました。また、残業もほとんどなく定時で上がることができるため、就業後は自己学習に費やす時間も充分に確保できています。

この生活の変化は、心身の健康のためにも自己投資のためにも、転職して本当によかったと感じていますね。

今後、どんなエンジニアになりたいですか?

営業の仕事を通して培ってきたコミュニケーションスキルを生かして、ゆくゆくはチームを取り纏めるプロジェクトマネージャーのような立場に、キャリアアップしていきたいです。 また、自分でものを作るということを実現するためにも、よりお客様に近いポジションでより良い提案ができるエンジニアになりたいと思います。

求職者へのメッセージ

未経験から異業種に挑戦するにあたっては、素直さが一番必要なことだと思います。例えば、自分よりも知識とスキルを持った人に、わからないところをわからないと素直に聞く姿勢や、知らないことを教えてもらいそれを素直に吸収していく姿勢ですね。

また、エンジニア職はなくなることは到底ない職種である一方で、学習意欲があれば誰でも飛び込める世界だとも言えます。そのため、今の仕事や業界に迷いや不安がある人は、すぐにでも挑戦した方が良いと思います。

TOP