テストエンジニア

テストエンジニアの仕事紹介

まずは、テストエンジニアが、具体的にどのような仕事をしているかを紹介していきます。

テストエンジニアとは

システムやアプリケーションが正しく動くかのテストを行うエンジニアのことを指します。 ユーザーが実際に使っていく中で想定される全てのケースを洗い出し、公開前にそれらのケースをテストすることで、プログラムの設計ミスやバグを発見することが出来ます。 身近なもので例を挙げると、あるフリマアプリを開発し公開する前に、会員登録が問題なく出来るか、商品検索結果は正しいか、購入まで完了するか等をテストしていきます。ここで挙動がおかしければ改修が必要となり、公開前に問題を発見することが出来ます。(あくまでも一例であり、テスト内容はテスト対象により異なります。) この工程は、ユーザーが不便することなく正しくシステムやアプリケーションを使えるかどうかを確認して、品質の改善・向上に繋がる大事な役割を果たしています。

フロントエンドエンジニアの仕事

仕事内容

テストエンジニアの仕事の流れとしては、大きく3つあります。 まずは、テストを行う前に、テストの計画及び設計を行います。ここでテスト実施期間やスケジュールを決め、それに応じて人員を配置し、想定されるテストケースの洗い出しなどを行います。計画及び設計を経て、実際にテストを実施していきます。未経験からテストエンジニアになる場合は、基本的にこの工程からテストに関わることが大半となります。用意されたあらゆるテストケースを実施していき、必要に応じてテスト結果を記録として残していきます。そして、テスト実施後は、結果をまとめて分析等を行い、開発部門やテストを依頼された顧客に報告を実施します。

テスト事業に特化した企業で活躍する

IT関連やソフトウェア関連企業が全て自社でテストエンジニアを抱えているわけではなく、テストを専門に行っている企業に委託するケースも多くあります。Webサイト・アプリケーション、組込み機器、業務システムなど幅広くテストサービスを展開している企業では、テストエンジニアが様々な業務を経験できると言えます。

Webアプリやシステム開発を行う企業で活躍する

Webアプリやシステムを自社もしくは受託開発している企業では、様々な開発工程でテストが必要となりテストエンジニアが必要とされます。プログラマーやシステムエンジニアとの連携を取ることもあり、開発現場がどのようなものかを知ることができる環境となります。


テストエンジニアのキャリアパス

上記のような業務を行いテストエンジニアとして経験を積んでいく中で、将来的なキャリアパスとして代表的なものから紹介していきます。3年後や10年後になりたい姿を考えておくことで、自分自身に必要な経験とスキルが明確になるため、キャリアパスの選択肢を知っておくことはとても重要なこととなります。

未経験からのキャリアパス

テストエンジニアは、エンジニア職の中でも比較的未経験から就きやすい職種となります。 厳密に言うと、初めからテストエンジニアを務めるというわけではなく、テストエンジニアが作成したテスト計画・仕様書に沿ってテストを実施するテスター業務からのスタートとなります。そのため専門的なプログラミングの知識やスキルよりも、システムが正常に動いているかをチェックすることができる集中力や細かさが必要となります。それらの業務を通して、IT知識やシステム開発の流れの理解を深めていくことから始まります。

テストリーダー/テストマネージャー

テスト実施者として経験を積んだ後の、マネジメントサイドへの一般的なキャリアアップ例と言えます。テストリーダーやテストマネージャーになると、実際にテストを行うだけでなく、チームで分担して進行していくテスト業務の管理全般までを行います。

メンバーの作業進捗状況の確認や、スケジュール通りに進んでいるかの計画管理や、実際にバグが発見された時に他部門との連携など、チームを引っ張りテスト以外の業務を幅広く担当することになり、コミュニケーション能力やリーダーシップが求められる職種となります。

その他(キャリアチェンジ)

テスト業務を通して得た経験や知識は、他の職種へのキャリアチェンジにも活かすことが出来ます。 例えば、テスト業務の中で、プログラムのソースコードなどに触れる場合は、そのプログラミング言語の学習も加え理解を深め、プログラマーとして活躍することも努力次第では可能です。また、特定領域のスキル習得が必要になりますが、インフラエンジニアなど他のエンジニア職へのキャリアチェンジも、所属企業や能力次第で選択肢として充分にあります。 求められる知識の学習が必要となりますが、テスト業務が十分に活かせる職種と言えます。


テストエンジニアになるには?

次は、未経験からテストエンジニアになるために、実際に学習すべきことや身につけておきたい代表的な知識を紹介していきます。

必要な知識を身につける

Microsoft Officeの基礎

テスター業務の目的は、発見したシステムの問題点やバグを、最終的にはプログラマーやシステムエンジニアに報告することです。そのため、起こった問題を記録しておくために必ず何かしらの記録ツールを使うことになります。代表的なものでいうと、Word・ExcelなどのMicrosoft Officeツールを取り入れている現場が多く、使い慣れておくことでスムーズな記録ができ、業務を素早く進めることが出来ます。

プロクラミングの基礎

テストをしていく上で様々なプログラムのソースコードに触れることがあります。その際に、プログラミングの基礎を身につけておけば、どういったミスで問題やバグが発生したのかを体感することできます。ただバグを発見するだけでなく、その度にプログラミングに関する知識が蓄積され、将来的にプログラマーなどとして開発に携わる上で貴重な経験となります。

業務への姿勢

テスト業務は基本的に地道な作業となります。そのため、同じことを延々と繰り返す単純作業をやり遂げる根気強さや集中力が求められます。また、単純作業でも手を抜かない姿勢や、見つけたバグについて細かく関係者に報告ができる報連相を意識する真面目さ等が問われ、どんな知識やスキルよりも重要視される根本的な部分となります。

役に立つ資格

ITパスポート

ITに関する基礎知識が問われる国家資格となります。 資格を取得することでITの基礎知識の証明になる上に、幅広い知識が身につきます。システム開発の手法やプロジェクト管理方法等のマネジメント系の内容や、システム構成要素・ネットワーク・セキュリティ・データベース・プログラミング等の技術的な内容から、テスト業務と連結する何かしらの内容が含まれています。そのため、学習しておくことで業務の理解を深めることが期待できます。

基本情報技術者試験

上記のITパスポートより、さらに高度な専門的な資格となります。 プログラマーやシステムエンジニア職に就いている人、もしく将来的に目指している人向けの試験となり、IT業界で働くために必要な基礎知識や情報処理に必要な論理的な考え方ができるかどうかなどを試される問題がメインとなります。テスター経験を経て、将来的にプログラマーやシステムエンジニアを目指している人は、学習しておくと必ず役に立つ試験と言えます。

TOP