未経験からITエンジニアになる無料の転職応援サービス!未経験OKの会社のみご紹介します。 登録はこちら

高卒・未経験でもエンジニアに転職できる?仕事内容と求められるスキルを解説!

「IT業界やWeb業界で働いてみたいけど、理系の大学を出ていないから無理だ…」

そんなふうに諦めている人はいませんか?

たしかにエンジニアは高度な専門知識を使って働く仕事です。

しかし、エンジニアになるために必要なのは学歴でも職歴でも、もちろん性別でもありません。

今回は「高卒でもエンジニアに転職できるのか」というテーマで、業界内のリアルを紹介します。

目次

エンジニアの種類とは?

そもそもエンジニアとは、エンジニアリング(工学)に関する専門的な知識やスキルを持った人を意味する言葉です。

エンジニアリングは幅広い学問のため、機械やロボットの技術者もエンジニアであれば、ITシステムやプログラミングを行う人たちもエンジニアといえます。

近年では、ITやWeb・インターネット周りの仕事が活発化していることもあり、エンジニアといえば「IT業界でコンピューターを使って仕事をしている人」という意味で用いられることが多いです。

そのため、エンジニアへの転職というのは、IT企業に入ってシステムを作るシステムエンジニア(SE)に転職する、というイメージになります。

システムエンジニアといっても、その役割はさまざまで、役割に応じて業務内容も異なります。

まずはエンジニアの種類について紹介します。

インフラエンジニア

インフラエンジニアとは、エンジニアの中でも重要なポジションになります。

そもそも「インフラ」とは、基盤や基礎などの意味を持つ言葉であり、日常生活であれば、水道やガス、電気などの「なくてはならないもの」をインフラと呼びます。

インフラエンジニアも、まさになくてはならない人材です。

インフラエンジニアは、ITシステムやインターネットをスムーズに動かすための基本的な整備を行います。

重要な業務のひとつとして「クライアント側の設定とメンテナンス」があります。

素晴らしいシステムを作ったとしても、クライアントがそれを使いこなせなければ話になりません。

現場に実装されたシステムをしっかりと稼働させ、トラブルが発生したらすぐに対応するのがインフラエンジニアです。

プログラマー

システムエンジニアという言葉を聞いて、多くの方がイメージするのがプログラマーかと思います。

プログラマーは、プログラミング言語とよばれる特殊な言語を用いて「プログラミング」を行うのが仕事です。

正しくプログラミングを行うことで、コンピューターや機械は思いどおりに動くようになります。

「こうなったらいいな」というシステムを作ることがプログラマーの仕事であり、まさにイメージどおりのSEという感じの仕事です。

Webエンジニア

Webエンジニアは、WebサイトやWebアプリケーションなどに特化した仕事を行う人材です。

基本的なWeb関連の知識やプログラミングの技術が必要なのはもちろん、Web開発ならではの特殊な知識も必要となります。

インターネットに接続させるサービスであるからこそ、ネットワーク周りやセキュリティへの対策も行う必要があります。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、Webサイトやアプリ開発の中でも、「ユーザーが直接触れる部分(見える部分)」を担当するエンジニアです。

システムを正確に動かすことがメインとなる裏方の仕事とは異なり、以下のような観点からシステム開発を行うことが重要です。

・どうしたらもっとユーザーが使いやすくなるか
・見栄えを良くするためにはどうしたらよいか

エンジニアには多くのキャリアがある

今回紹介したのは、エンジニアのキャリアの中でもほんのひと握りです。

実際には、それぞれの担当が明確に分けられているわけではありません。

プロジェクトごとにチームを組んで、お互いに得意な分野を進めていくという形になります。

そのため、チーム内で共有できる基本的な知識はお互いに持っておく必要があります。

エンジニアにはさまざまな仕事があるので、いろいろなプロジェクトを通して、徐々にキャリアを積んでいくことが重要です。

エンジニアに学歴は関係ないって本当?

エンジニアにはさまざまなタイプがあるからこそ、「学歴や職歴を問わず」エンジニアとして就職することが可能です。

ITという専門性の高い分野のため、工業系大学出身や理系出身者でないとエンジニアになれないと考えている方も多いですが、実際はそんなことはありません。

高卒や専門学校卒で、エンジニアとして活躍している人もたくさんいます。

もちろん学歴やスキルが必要とされるケースもありますが、「完全未経験者」でもエンジニアになることは十分可能です。

その理由をいくつかご紹介します。

人柄とコミュニケーション能力を重視

完全未経験でエンジニアを募集している企業は、人物や人柄を重視して採用をしています。

エンジニアにはさまざまな種類があるため、コンピューターの前でプログラミングを行うだけでは、よい仕事はできません。

難解なプログラミング言語を扱うエンジニアではなく、コミュニケーション能力やチームマネジメント力に長けた人を採用したいと考える企業は多いです。

多くの企業で人柄重視の採用が行われているというのが、完全未経験者でも学歴を問わずエンジニアになれる理由のひとつです。

学歴よりも実績とキャリアを重視

エンジニアとして本格的にキャリアを積んでいくのであれば、評価されるのは「実績」です。

どのようなシステムを開発したことがあるのか?どのようなプロジェクトを達成したことがあるのか?といったような実績ベースの評価が重要です。

名門大学の卒業証書よりも、自分自身で開発したシステムを見せるほうがインパクトは大きいです。

これはITやWeb業界独特の価値観かもしれません。

エンジニアに転職してしまえば、学歴にコンプレックスがあるという方も、あまり気にならなくなるでしょう。

まとめ

今回は「高卒でもエンジニアに転職できるのか?」というテーマで、業界の秘密を紹介しました。

近年は特にインフラエンジニアの需要が高まっており、インフラエンジニアとしてエンジニアのキャリアをスタートする方がたくさんいらっしゃいます。

エンジニアは、新たなキャリアとしておすすめな仕事です。

この記事を書いた人

未経験エンジニアと企業をつなぐ|IT・WEB業界について発信|1,500名以上のキャリア相談|未経験エンジニアを育成サポート|高卒→病院勤務→大手通信営業→DMM .com Group|起業し法人設立|株式会社ホールハート参画し、未経験エンジニアのキャリア支援に従事

目次
閉じる