未経験からITエンジニアになる無料の転職応援サービス!未経験OKの会社のみご紹介します。 登録はこちら

IT業界での営業職の種類と仕事内容、必要なスキルとは?

AIなどの新技術の流行により、年々需要が高まりつつあるIT業界。

そんなIT業界で一番に連想される仕事といえばエンジニアでしょう。

しかし、実際に活躍しているのはエンジニアなど技術職だけではありません。

どれだけ最先端の技術ですごい製品ができたとしても、それを顧客に利用されてはじめて価値を提供できたと言えます。

そのため、その製品を売る「営業」という存在も、IT業界において重要な役割を果たします。

IT業界における営業の仕事内容、必要な資格やスキルについて、未経験者の方にも分かりやすく解説していきます。

目次

IT営業とは?

IT営業は、ITに関連するサービスや製品を販売する営業職のことを指します。

具体的には以下のような製品やサービスがあります。

・ネットワーク機器
・Webサイト
・MicrosoftOfficeなどのパッケージソフト
・システム開発・運用などの製品・サービス

扱う製品・サービスの専門性がやや高いため、営業力に加えITに関する専門的な知識が求められます。

一方で、顧客へのアプローチから契約完了までの流れや、導入後のアフターフォローまで責任を持ち行い次のビジネスにつなげるという基本的な仕事の流れは、一般的な営業職と同じです。

あらゆる企業でIT化やデジタル化が大きな課題となりつつある中、顧客の課題解決をサポートするIT営業は重宝され、やりがいを得られる仕事と言えます。

IT営業の種類

IT営業の仕事内容は、扱う製品やサービスによって異なります。

ここでは代表的な4つの職種について紹介していきます。

SaaS営業・クラウド営業

SaaSとは「Software as a Service」の略で、クラウドを介して提供するソフトウェアのことを指します。

身近なものでは、月額制の動画配信サービスや音楽配信サービスなどがSaaSの一種です。

企業での使用例を挙げると、会計クラウドソフトや人事管理システムなどがSaaSと呼ばれます。

これらを法人・個人に向けて販売することがSaaS営業の仕事となります。

また、SaaS営業(クラウド営業)では他営業に比べ、下記のように役割がより細分化されていることが特徴的です。

インサイドセールス
新規開拓やアポイント獲得を目的とする

フィールドセールス
顧客への提案や新規導入を目的とする

カスタマーサクセス
顧客からのサービス継続利用を目的とする

SaaS営業では、以上のように3つの役割に分かれることで効率を重視した営業手法を採用する企業が多い傾向にあります。

SI営業

SIとは「システムインテグレーション」の略称であり、システム設計・開発などを請け負うサービスのことを指します。

そのため、SI営業の仕事としては、顧客の課題をヒアリングし、課題に対する解決策を自社のソフトウェアや開発能力に合わせて提案し受注するという流れになります。

形のある製品を扱うハードウェア営業とは対照的で、SI営業は形のないものを顧客に合わせて提案を行う「無形商材」の営業とも言えます。

そのため、価格やブランド力よりも、提案内容や「この人に発注したい」という顧客との信頼関係が重要視される仕事となります。

ハードウェア営業

ハードウェア営業は、名前のとおりハードウェア系の商材を扱います。

ハードウェアとは、形のある機械や装置のことを指します。

具体的には、パソコン、スマートフォン、タブレット、家電、サーバー、ネットワーク機器などが挙げられます。

ハードウェア業界の代表的な企業は、「SONY」「パナソニック」「日立」など誰もが知っている有名企業が挙げられます。

そして、仕事のスタイルとしてはルート営業が多い傾向にあります。

テクニカルサポート・ヘルプデスク

ヘルプデスク・テクニカルサポートは、主にコンピューターのハードウェアやソフトウェアの操作方法などの問い合わせを受けて、技術的なサポートを行う部署や職種のことです。

サポートを行う対象
自社企業の社員または顧客企業の関係者や一般ユーザーなど

具体的な問い合わせ内容
オフィスのIT・ネットワーク環境やPC操作についてや、自社製品のユーザーからの製品に関する質問など

主に電話やメールを通して、問い合わせに関する問題点を見つけ出して解決方法をレクチャーしたり、修理や部品交換の手続きを行ったりします。

IT営業に必要な資格やスキル

IT営業を行う上で、求められるスキルや知識について、重要なものから3つ紹介していきます。

ヒアリング力

ヒアリング力は、IT業界に限らず営業にとって必須スキルです。

その中でも、SI営業やSaaS営業となると、顧客の課題を起点にシステム開発やソフトウェア導入などを行うことから、課題を正確に聞き出すことは特に重要なスキルです。

課題を正確にヒアリングできていないと、ニーズにあった提案ができなかったり、受注後の設計や開発で再度調整が必要になるなど支障が生まれる場合もあります。

そのため、まずは顧客の立場に立ち、その企業や組織には何が必要なのかを一緒に考えるという視点が必要でしょう。

プレゼンテーション能力

顧客に、いかに優れた提案かを理解してもらうためには、伝え方の影響は非常に大きいです。

「このシステムを導入することで◯◯が便利になる」など、いかに導入後の様子を具体的にイメージしてもらえるかが肝となります。

誰もが分かりやすいよう専門的なことを噛み砕く必要もあり、IT営業にとって伝える力やプレゼンテーション能力は非常に重要なスキルと言えるでしょう。

IT知識や関連資格

ヒアリングや提案をする上では、まず自社製品や開発についての理解や業界の流行の把握などが必要となります。

そのためには、ITの基礎知識や自社製品に関連するIT知識が求められます。

エンジニアでなくても、顧客との窓口である営業担当があまり分かっていないと感じさせると、顧客の不安に繋がりかねません。

IT知識をつけておくことで、顧客とのスムーズな会話や適切な提案ができて信頼関係が高まると言えるでしょう。

まとめ

ここまで、IT営業の種類・仕事内容や必要なスキルなどについてお伝えしてきました。

IT営業は、扱っている製品・サービスの特徴から、自分自身の提案が顧客のビジネスや事業に大きな影響を与えることが多いです。

そのため、達成感を得やすく貢献度の高い職種と言えるでしょう。

この記事を書いた人

未経験エンジニアと企業をつなぐ|IT・WEB業界について発信|1,500名以上のキャリア相談|未経験エンジニアを育成サポート|高卒→病院勤務→大手通信営業→DMM .com Group|起業し法人設立|株式会社ホールハート参画し、未経験エンジニアのキャリア支援に従事

目次
閉じる