Webエンジニア

Webエンジニアの仕事紹介

まずは、Webエンジニアが、具体的にどのような仕事をしているかを紹介していきます。

Webエンジニアとは

Webエンジニアとは、WebアプリケーションやWebシステムの設計・開発・運用などを行う人のことを指します。 さらに、Webエンジニアの中でも、Webアプリ等のユーザーから見える部分を担当する「フロントエンドエンジニア」と、ユーザーから直接見えない部分を担当する「バックエンドエンジニア」と大きく2つに分類されます。また、両方をこなすことが出来るエンジニアを「フルスタックエンジニア」と呼びます。

具体的には、「フロントエンドエンジニア」はHTML・CSS・Javascriptなどのプログラミング言語を使い、SNSやオンラインショピングサイトなどのレイアウトやデザイン部分を担当していきます。一方で、「バックエンドエンジニア」は、PHP・Python・Rubyなどのプログラミング言語を使い、ユーザーが入力した情報をデータベースに保存させるなどの裏側のシステムを構築していきます。これらが組み合わさりWebアプリが完成となります。

Webエンジニアの仕事

そして、Webエンジニアの仕事の流れとしては、大きく分けて3つあります。 まずは、クライアントの要望をヒアリングしどのようなWebアプリを開発するかを纏め要件定義書を作成します。そして、仕様が決定すると要件定義書に沿って、冒頭で挙げたようなプログラミング言語を使って開発を進め完成したものを公開します。また、企画・開発だけでなく公開したアプリケーションのメンテナンスや運用をクライアントから依頼されることもあり、Webアプリへのアクセス数や訪問ユーザーなどを解析しそれに合った再構築や再提案をしクライアントの要望を反映していきます。

実際にプログラミング言語を書くことだけがエンジニアというイメージが強いですが、Webエンジニアの仕事は幅広くあります。


Webエンジニアのキャリアパス

上記のような業務を行いWebエンジニアとして経験を積んでいく中で、将来的なキャリアパスとして代表的なものから紹介していきます。3年後や10年後になりたい姿を考えておくことで、自分自身に必要な経験とスキルが明確になるため、キャリアパスの選択肢を知っておくことはとても重要なこととなります。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、システム開発などにおいて、プロジェクトの進行を取りまとめるリーダー的役割を果たします。プログラミングを書くだけでなく、メンバーへの指示出しや育成、プロジェクトの進捗管理、クライアントとの交渉など幅広く担当し、コミュニケーション力が求められる職種となります。コーディングの経験を積んだ後に、チームのマネジメントサイドへキャリアアップしていく流れは一般的なパターンと言えますが、自分の方向性と合うかを見極めることが大切です。

エンジニアとしてコードを書き続ける

マネジメントサイドへのキャリアアップを望まずに、Webエンジニアとして手を動かし続けてコーディングの技術力を高めていきたいという人も少なくありません。ただし、技術習得が早い若手の方が重宝されるIT業界では、コーディングだけでなくマネジメント業務などの経験がある人材の方が、年齢を重ねた時に市場価値を下げずに活躍することが期待できます。

社内SE

Webエンジニアとして習得したスキルを活かして、別職種へ転職というのも1つのキャリアパスとなります。 代表的なもので言うと社内SEという職種があり、自社内のIT関連業務全般を担うエンジニアのことを指します。所属する会社により異なりますが、システムやサーバーの運用保守、社内ネットワークの管理、社員に対するITサポートなど、幅広い業務が存在します。新しい開発に携わりたいという人には物足りなさがあるかもしれませんが、長年に渡り自社のシステム運用保守を行うことから愛着や充実感に繋がる職種でもあります。

フリーランス

上記以外にも、会社に属さずに個人事業主として独立するという選択肢もあります。 求人市場においてフリーランス案件が特に多いWebエンジニアは、技術習得をすれば比較的独立がしやすい職種となります。またフリーランスとして開発に参加する場合は、実力次第でどんどん難しい案件をこなすことが出来て、働きに見合った報酬を案件ごとの単価で受け取ることができます。年収アップを求めてコードを書き続けたい場合は、フリーランスで活動するキャリアパスもひとつの道と言えるでしょう。


Webエンジニアになるには?

次は、未経験からWebエンジニアになるために、実際に学習すべきことや身につけておきたい代表的な知識を紹介していきます。

プログラミングの知識

まずは、Webアプリ開発の現場で使われるプログラミング言語の習得は欠かせません。 Web開発のもっとも基礎となるプログラミング言語が、Webページの構造を作る「HTML」、レイアウトやデザインを整える「CSS」となります。また、Webページ以外のユーザーから見えないサーバーサイドの開発を行うためのプログラミング言語もあり、初心者が習得しやすい代表的なものが「PHP」や「Ruby」といった言語なります。無料学習サービスなど手軽に学べるサイトが豊富にあるので、まずはプログラミング言語の基礎学習から始めてみましょう。

データベースの知識

Web開発ではデータベースに関する知識も必須となります。 データベースとは全ての情報を格納しておく場所で、必要な時にはそこから取り出したり検索することが出来て、膨大にある情報を整理する機能を持っています。例えば、あるWebアプリで会員登録がされた時に、入力された情報を保存しておく場所であり、全てのWeb開発にとって欠かせない存在となります。データベースの仕組みやデータベースを操作するための「SQL」という言語を学習することで、Webアプリの仕組みをより深く理解することに繋がります。

Webアプリを実際に作ってみる

基礎となるプログラミング言語とデータベースの仕組みを学習し、次は実際に自身でWebアプリを作ってみましょう。 Webアプリを作ることで、どこでどのプログラミング言語が必要か、どう書いていけばいいか、どうすればWebアプリが動くのか、どのようにデータベースに情報が格納されるのかなど、Webアプリが動くまでの一連の流れを習得出来てWeb開発への理解を一層深めることができます。

また、自身で作ったWebアプリは、転職活動において技術力や知識量のアピールにも繋がるため、ある程度基礎学習を進めたら実際に作ることを始めてみましょう。 
ここまででWebエンジニアの仕事内容やキャリアパスを紹介してきましたが、他エンジニア職と比較してみて自分自身に相応しいエンジニア職を探してみましょう。

TOP